オーブ・テック株式会社 HOME製品案内WEBカタログ安全性データ写真集会社概要Q&Aお問い合わせ
オンラインショップ
スーパーブラストオフ
スーパーブラストオフマルチクリーナー
すべらないワン ワックス
納入先リスト
スペースショットマルチクリーナー
パイプクリーナー
排水管洗浄パワー
万能環境クリーナー
レギュラーグリーン「フロアークリーナー」
業務用マルチクリーナー
外壁用洗浄剤
金属表面脱脂洗浄剤
太陽光発電パネル用クリーナー
液晶画面アラ!キレイダゾー
OA&オフィスクリーナー
10冠王環境クリーナー
カーペット・壁紙用
強力カーペットシャンプー
食品工場床・機械用洗剤
エアコン用クリーナー
万能環境クリーナーF
ワンちゃんネコちゃんクリーナー
自動車用用クリーナー
鬼に金棒
生分解度試験報告書
抗菌/殺菌試験成績書
分析試験成績書
納入先リスト
コンクリート専用コート剤
スーパーワックスDW
レギュラーワックス
多用途ワックス
分析試験成績書
納入先リスト
すべらないワン ワックス
強力ハクリ剤の10冠王
養生テープ粘着剤はがし
分析試験成績書
水性塗料「艶有りトップコート剤 A」
分析試験成績書
有料お試しセットのご案内
撥水剤「艶無しトップコート剤 B」
分析試験成績書
ワックス下地硬化剤
分析試験成績書
ワックス光沢復元剤
分析試験成績書
メーカーフラッシュ
月刊『ビルクリーニング』
2005年11月号
サビ落し・トイレクリーナー
ハルト(HALT)
石用洗剤
分析試験成績書
メーカーフラッシュ
月刊『ビルクリーニング』
2005年12月号
抗菌効果試験成績書
食第X02304号
平成20年10月9日
                  試験検査成績書

オーブ・テック株式会社 様 社団法人東京都食品衛生協会
東京食品技術研究所
厚生労働大臣登録検査機関
(食品衛生法・薬事法・水道法)
ISO9001認証取得(食品試験検査)
ご依頼の試験品の試験検査結果は以下のとおりです。
受付日 平成20年9月9日
試験品 スペースショット「外壁用」万能タイプ
検査内容 抗菌効果試験(供試菌:黄色ブドウ球菌、サルモネラ)
試験方法
1. 供試菌
  黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus subsp.aureus NBRC 12732)
  サルモネラ    (Salmonella enteritidis NBRC 3313)

2. 試験菌液の調製
供試菌を普通寒天培地に移植し 35℃で24時間培養後、1コロニーを普通ブイヨン培地に移 植し、35℃で18時間振とう培養した。この菌液を普通ブイヨン培地を用いて希釈調製した。

3. 試料の調製
試験品を各濃度(5倍、10倍、15倍、20倍、25倍、50倍、100倍、250倍)となるように滅菌蒸 留水を用いて希釈調製し試料とした。

4. 試験操作
試験品原液および上記3で調製した各試料20mlに、上記2で調製した試験菌液0.2mlを接種 し35℃において静置した。なお、空試験として、滅菌蒸留水20mlに上記2で調製した試験菌 液0.2mlを接種したものを同様に試験した。

5. 菌数測定
6時間静置後、各試料の生菌数をSCDLP寒天培地を用いて測定した。なお、生菌数測定時 の希釈にはSCDLPブイヨン培地を使用した。

検査結果                                              (CFU/ml)
  黄色ブドウ球菌 サルモネラ
初発菌数 3,100,000 3,800,000
6時間後の菌数
原液 0 0
5倍希釈 0 0
25倍希釈 90,000 0
50倍希釈 250,000 0
100倍希釈 380,000 2
250倍希釈 1,000,000 81,000
空試験 5,400,000 7,000,000

検査結果                                              (CFU/ml)
  黄色ブドウ球菌
初発菌数 2,400,000
6時間後の菌数
10倍希釈 79
15倍希釈 4,800
20倍希釈 110,000
空試験 5,100,000
殺菌効果試験成績書
食第X02954B号
平成20年11月19日
                  試験検査成績書

オーブ・テック株式会社 様 社団法人東京都食品衛生協会
東京食品技術研究所
厚生労働大臣登録検査機関
(食品衛生法・薬事法・水道法)
ISO9001認証取得(食品試験検査)
ご依頼の試験品の試験検査結果は以下のとおりです。
受付日 平成20年10月28日
試験品 スペースショット「外壁用」万能タイプ
検査内容 殺菌効果試験(供試菌:黄色ブドウ球菌)
試験方法
1. 供試菌
  黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus subsp.aureus NBRC 12732)

2. 試験菌液の調製
供試菌を普通寒天培地に移植し 35℃で24時間培養後、1コロニーを普通ブイヨン培地に移 植し、35℃で18時間振とう培養した。この菌液を普通ブイヨン培地を用いて希釈調製した。

4. 試験操作
試験品20mlに、上記2で調製した試験菌液0.2mlを接種し、10分経過後の生菌数をSCDLP 寒天培地を用いて測定した。

検査結果                                              (CFU/ml)
初発菌数 4,200,000
10分経過後の菌数 15,000
  社団法人東京都食品衛生協会 東京食品技術研究所
Copyright © Orbtech Co. Ltd. All rights reserved.